新橋激動

2018/01/07

久方のリアルセッションは、大雨! 目抜き通りを埋め尽くすパトカー!! 検問!! 大量のポリスメン!!! という、サイバーな雰囲気漂うシンバシにて行われました。DEFCON上がり過ぎでマジビビる。
シナリオタイトル:餓狼の檻/四角い墓標 システム:ブラッド・クルセイド GM:シェンツさん
浅間忍さん:小川真魚:19歳女性:格闘:滅土破戒宗 武闘派退魔集団に籍をおく、ステゴロ系女子。わりかし真っ直ぐな、バランスのいい性格。必殺のドローラス・ストロークで凄まじい量のモラルを削り取るメインアタッカー。
Braveoneさん:西園十和子:30代女子絵:鞭:ウィッカーマン 幸福を作っては壊され、復讐が日常と化した乾いた女。ヴァンパイアハンターの行き着くところを見せてくれる、カルマ濃厚系女子。爆薬を仕込んだ鞭を使いこなす。
コバヤシ:フローレンシア=ソリサス・シュナーベル:15歳女性:杭:曙光騎士団 東ドイツの名門から、曙光騎士団で騎士見習いをしているキラキラ系女子。馬上試合の槍を改良したものを、武器として用いる。自信という名前の幸福を破壊され、挫折を味わう。
というわけで、リアルセッションリターンズの一発目はブラッド・クルセイド。前身といえるハンターズムーンから、さらなる進歩を感じさせる遊びやすさでした。凄い勢いでこちらのリソースが削れていく危機感は、このシリーズ特有のものでとても面白い。加えて、細かいところを改良して、不要なストレスを軽減するファンサービスに感動を覚えました。
プレイング自体は、ストレートなシナリオに助けられて、初めてながらとてもグッドナイスに楽しめました。幸福関係と目標値の設定上、PCが無茶苦茶負けるゲームなので、負けブックを飲み込む行為を楽しむと、非常に宜しく回転するんかなー、とか思った。ヴァンパイアが喋ってくれるんで、そこら辺非常にやりやすいですね。