神戸商工貿易センター(神戸市中央区)は14日、同社が運営・管理する神戸ファッションマート(同東灘区)に入居するベンチャー企業を募集すると発表した。創業から10年以内で株式の上場(IPO)を目指す企業が対象。審査に合格すると、1坪(約3.3平方メートル)あたり月額2000円の家賃で最大5年間、オフィスを賃借できる。7月に面談の審査を実施し、8月3日以降の入居とする。募集期間は20日から6月26日まで。

 事業の独自性や将来性からみて、株式上場に結びつきそうかどうかが審査の基準になる。本社が他府県などにあり、支店の形で入居してもよい。入居者は監査法人、証券会社、ベンチャーキャピタルなど「上場サポートメンバー」の支援を受けられるほか、日本政策投資銀行から資本性の高い融資も受けられるという。

 神戸商工貿易センターは神戸市が株式の50%を握る外郭団体。こうした形でベンチャー企業のオフィス入居を募集するのは今回が3回目。昨年4月に初めて企業を募集した。今後も年2回のペースで同様の条件で入居を募集する予定だ。